折々のお料理

飽くなき食欲が生んだ料理や食の研究

夏野菜の味噌汁


太陽がギラギラと照りつける暑い夏。


しゃわしゃわと鳴くセミの声をBGMに、まだ微妙に涼しく心地よい夏の早朝。
斜めに照り付ける強い日差しは、今日一日も暑くなることを確信させる。


いいねぇ〜こういう光景


家庭菜園でも畑でもいい、ぶら下がるみちみちと肥えたナスやトマト、青々としピーマンやオクラ、収穫してザルに並べたその風景は日本の夏そのものである。


近所のスーパーで買ってきた野菜たち。
夏は野菜が安くて助かる。


夏の野菜はザルが似合う


「夏野菜」


聞いただけでも美味そうだ。
なにかいつもと違う、太陽のエネルギーが満ちている。


ただでさえ暑くて暑くて気力も食欲も失せる夏、ここは夏野菜をしこたま食しパワーを充電!




さて、夏野菜といえばキュウリ、ナス、トマト、ピーマン、オクラなど・・・。
この時期スーパーに行けば山盛り並んでいるのですぐわかる。

よく聞くのは「夏野菜のカレー」。
暑い夏にぴったりの人気メニューである。



だがこのくそ暑いのに長時間煮込むものはやめておこう。
もう少し手軽に味噌汁といきましょうか。




ナスとピーマンとかぼちゃと人参とキャベツとオクラとトマトの味噌汁。

味噌汁の守備範囲は広い。
合わない具を探すほうが大変だ。

出来るだけ火が通りやすく細かく切っておこう。
微妙に仲間はずれがいるが気にしない気にしない。
(たまたま冷蔵庫にいた人参も加わりました。)


オクラ長っ!


火の通りやすさを考えて3段階で入れるようにしました。

まあ煮え具合や色合いを気にしなければ順番なんか構わないんだけど、こうしておかないと入れ忘れるのよね。
(完成してから振り向くとテーブルの上にあったりして)



味噌汁はしぶーの流簡単バージョン。
粉末だしと赤味噌を最初から鍋にぶち込み、後から具を足して煮込む方式。

赤味噌ならではの横着。



最初に火が十分通っても美味いナスとキャベツをゴンゴンに煮込む。

暑いので早く煮えてくれ。



続いてかぼちゃとピーマンを投入、ピーマンは正直もっと後でもよかった。

どこかで見たことがあるような風景。
これでうどんを煮込めば、あの有名な鍋「ほうとう」のような見た目か。

かぼちゃは硬くて火が通りにくそうに見えるが、意外と早く煮える。



後は適当、最後にあまり火を通したくないオクラやトマトを投入して完成。

夏野菜は彩りもカラフルだ。

具沢山でゴテゴテだが、油気がないので意外なほどあっさりしている。

今日のメニューはそうめんと豚の冷しゃぶ、夏野菜の味噌汁と、いかにも夏らしい。


(2014.8.2)


趣味の部屋に戻る

TOP

inserted by FC2 system