趣味の電気工作

怪しげな改造、改良と称しての破壊など、気まぐれに電気工作で遊ぶページ

ノーパソ冷やすベ


今年の夏も暑かった。

いや、毎年言っているような気がする。
夏は暑いのだ。


そんな中、ノートパソコンは熱に弱い

特に古くなったノーパソは夏場になるとほんの少し負担をかけただけで苦しそうにファンが回りだす。
もう動画再生などしたら覿面だ。


古くなったノーパソにまずやっておきたのがお掃除

裏の通風孔からエアを吹き込んで中に溜まった埃を吹き飛ばす。
これだけでもかなり違う。



それでも込み入った作業をしたり部屋が暑かったりすれば負担が大きく、夏場はひっきりなしにファンが廻っている状態だ。
これは目に見えて危険だと判る。

最新型の高スペックマシーンならなんのその、しかしそう簡単にパソコンを新調する余裕もないし、このマシーンにはまだまだまだまだ働いてもらわないと困るのだ。





そう、冷やせばいい。





やはり世の中の人々は困っているようで、そのような代物はたくさん出回っているようだ。
電動ファンが内蔵された専用の冷却台、USBから電源を取る扇風機、色々とヒットする。

ううむ、常設型パソコンデスクがあるのならばそれでもよいが、食卓兼用型のしぶーの家ではあまり大掛かりになるのは避けたい。




USBで電源を取る扇風機。
とある100均で210円で売られていたものだ。


しかし負担を軽くしたいがための装置で母体からエナジーを吸い取ってしまっては本末転倒になってしまわないか?


というわけで、乾電池式に改造してみました。

USBケーブルを外し、そのまま電池ボックスに直結。



電池ボックスの固定は適当なプラ板を切ってフレームにボルトで留めました。

コードはフレームに穴を開けて、うまい具合にフレームの中を通せました。
コードがすっきりと収まっているので扱いが楽だ。




単三電池二本で駆動、USBの定格5Vには及ばないのでそよ風程度の風力だが、パソコンの横において絶えず風を送っておくのにちょうどいい。
要はパソコンの下に熱がこもらなければいいのだ。

正確に計測していないが、音もなくゆるゆると廻り続け、エネループ二本で半日くらいは持つ。




風を送って直接冷やすのに、パソコンの下にスペースを設けるのもかなり有効だ。
これもできるだけ大掛かりにしたくない。


そこで自作したのがこのスペーサー

台形の木片で将棋の駒くらいのものだが、通風孔をふさがないようにパソコンの下にかまして隙間を空けるのにちょうどい。

厚さ、縦、横とマシンの負担にあわせて3パターンの高さが設定できる。




この二つの秘密兵器のおかげで、我が家の古パソコンは今年の夏も無事に乗り切ることが出来ました。




このポータブル扇風機、手軽で省エネで無敵なようだが一つだけ大きな弱点がある。
3V駆動ならではの弱さ、エネループならなおさら、それはモーター起動の電力が足りないのだ。



スイッチを入れても動かない。

だからひょいと持ち上げ軽く一振り

ひとたび廻りだせばあとは電池が空になるまで廻り続ける。


趣味の部屋に戻る

TOP

(2013.11.1)

inserted by FC2 system